目の印象操作でイメチェン

色の与える不思議な効果

お化粧

ファンデーションやチークまたはリップなど数あるコスメの中で、最も色や形状にバリエーションがあるのはアイシャドウです。
アイシャドウは絵の具のパレットのように実に様々な色がありますが、いくつもの色を使いこなせる人は少ないものです。
しかしアイシャドウの色を変えるだけで印象をがらりと変えたり、TPOに応じて様々なファッションを楽しめるようになりおしゃれの幅も広がります。
色が与える印象を知って、シーンに応じた自分を演出してみましょう。
ではまず、良く使われ便利な色であるブラウンはどのような印象を与えるでしょうか。
日本人の肌にしっくりとなじみ易く、目を大きくそして優しく仕上げてくれるブラウンは、上品で知的で落ち着いた印象を与えます。
ビジネスシーンや改まった席、更に遊びや日常などどんなシチュエーションにも大活躍する鉄板のコスメです。
また瞼に血色を与えるピンク系は、女子力を上げ可愛らしくて柔らかな印象を与えます。
ピンクにもさまざまな色調がありますが、鮮やかでポップな明るいピンクは目尻や目のきわなどポイント使いすることが多く、表情をかわいらしくみせたりファッショナブルでおしゃれに見せるコスメアイテムです。
またピンクベージュやピンクブラウンなど肌になじみ易い落ち着いたピンクは、大人の女性にもよく似合い上品でナチュラルに仕上げることができます。
また流行色である赤系アイシャドウは、顔を華やかにし色白に見せる効果があります。
とくに下まぶたの目のきわから目尻にかけて赤のアイシャドウを入れることで、艶っぽく印象的な目に仕上げることができます。
また夏には爽やかで涼やかなブルー系を付けるのもいいですし、日本人の肌なじみのよいグリーン系も服と合わせてつけるとポイントになります。
このようにアイシャドウは実に奥深いコスメです。
色の持つ効果や印象を覚えて、気軽な気持ちでぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

色味と質感を利用します

化粧品

コスメの中でアイシャドウは花形とも言える存在です。
色の種類はもちろん、マット、ラメ入りとテクスチャーも非常に豊富ですから、上手に使いこなすことが大切になります。
まず、どの年齢にも共通して言えることですが、やはりメイク全体のバランスを考えることが大切です。
どこを抑えて、どこを引き立たせるのかを考え、顔全体の中でポイントとなる部分を作ります。
若い内は、顔の中で目元と口元と言う様に、一つ以上、目立つポイントがあっても大丈夫ですが、年齢を重ねるほど、ポイントは一つに絞った方が失敗は少なくなります。
目元にポイントを持ってくるなら、アイシャドウに色味の強いものを選び、その代わり、他はナチュラルに仕上げます。
逆に、口元を強調したいなら、目元は色ではなく、質感で楽しむようなコスメを選ぶのがお勧めです。
ただ、パールやラメといったものが入りすぎていると、ナチュラルな色味であっても目元が強調されてしまいますから、バランスを考えて視線が分散されない様にコスメを選ぶことが大切になります。
また、アイシャドウの色は、商品として目にしている色と、実際に自分が付けた色は、必ずしも同じではありません。
肌の色や状態によって発色の仕方も変わりますから、目元だけをピンポイントで見るのではなく、顔全体でチェックすることが大切になります。
ベースとなる顔全体のくすみ具合やファンデーションの色味とのマッチングを把握し、必要であれば、コンシーラーや下地などのコスメを利用して工夫をすると、アイシャドウの発色も良くなるのでお勧めです。

色選びの注意点

メイクアップアイテム

一口にコスメ用品と言っても、どのような場面でも同じ色を使って良いものではなく、使う人や目的によって使い分ける必要があります。
例えば普段のメイクであれば、アイシャドウなどもナチュラルな感じに仕上がるブラウンやベージュ、オレンジ、テラコッタなどを使うのがお薦めです。
しかし、よそ行きなどの場合にはパープルなどを足して華やかさを添えたり、黒や茶色、グレイ、紺などのアイシャドウを選べば目元を大人っぽく引き立たせることが出来ます。
特にラメ入りは、明るく華やかに演出したい時に上手く使いたいコスメアイテムですが、ブラシより指で軽く載せるようにした方が、綺麗につけることができるでしょう。
ただブルー系のアイシャドウは長時間付けていると、汗や温度によって色が変色してしまうこともあるので、年齢を隠したい人には適していないコスメと言えるかもしれません。
目的ばかりでなく、使う人によって使い分ける必要もあり、特に眼鏡をかけている人にはそれに適したアイメイクをしましょう。
眼鏡をかけている時には、顔の中でもフレームの形や色、それにレンズの色が特に人の目を引くようになります。
このため目の存在感が薄れがちになってしまうので、アイシャドウやアイラインなどのコスメを使って目を引き立たせるのがポイントです。
まず、眉の形をフレームの形と競合しないようにバランスを取りながら描いた上で、目元に立体感が出るようなアイメイクを施して下さい。
又、色付きのメガネの場合、アイシャドウの色を間違えると目元がきつく見えてしまうので、色はレンズと同色系の単色を選ぶようにすると良いでしょう。

ハリのある若々しい肌を

婦人

肌は毎日のケアで生まれ変わる事が出来ます。肌の潤いを保ち若々しい肌を作る為には、エイジングケア効果が高い化粧品をきちんと使用しましょう。そうする事で、肌の老化の進行を抑制し、いつまでもきれいな肌を維持する事が出来ます。是非しっかりケアをしましょう。

もっと読む

コスメにも使用期限がある

ウーマン

使い切れないアイシャドウは、使用期限が切れる前にオリジナルコスメに変身させてしまいましょう。シャドウ代わりになったり、コントロールカラーとして使えたりと、お財布にも優しいです。オリジナルコスメは雑菌が入りやすいので、早めに使い切るように気をつけましょう。

もっと読む

加齢に負けない肌にする

美容液

あくまでも予防的な働きを持つケアのことをエイジングケアといいます。一定期間の使用が大切で、変化を感じるまでは、ある程度時間がかかります。従って、高額なものは負担が大きいので注意が必要です。また、ケアのやりすぎにも注意する必要があるので、自分の肌に合ったものを試しましょう。

もっと読む